LOUIS VUITTON(ルイヴィトン)

ブランドのはじまり
1854年、荷作り用木箱製造兼荷作職人であったルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が世界最初の旅行鞄のアトリエ「ルイ・ヴィトン」を設立。

ルイ・ヴィトンについて
ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)はフランスのラグジュアリーブランド。

トラベルラゲージ、バッグ、アクセサリー、そしてウェアとトータルで展開。革新とスタイルを組み合わせた独自のデザインを、最高級品質で提案。クリエイティブでありながら、エレガントで、実用的という、創業者ルイ・ヴィトンが生み出した「旅の真髄(こころ)」という遺産を継承し続けている。クラフツマンシップ、伝統を大切にしつつも、歴史の中で、大胆にも建築家、アーティスト、デザイナーとプロジェクトを組んで製品を展開。プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチ、ファインジュエリー、文房具などへと分野を広げてきた。